WELCOME to TSUDA FARM

山口県長門市俵山の果樹園。

心と体と地域を元気にするフルーツを栽培しています。


津田農園の新しい取組
津田農園の新しい取組
津田農園の果物
津田農園の果物
フルーツをもっと美味しく
フルーツをもっと美味しく
フィンガーライムのご紹介
フィンガーライムのご紹介


津田農園の歴史と想い

  昭和初期、父母の時代に山林を手作業で開墾し30アール(900坪)の梨を植え付けたことに起点を置く。

 第二次大戦中は、食糧増産の機運の中で一部分をイモ畑に改植。その後、生活苦から管理運営ができず、農業高校の実習園として委託。

 4~5年後、時代の流れも変わり、私の代となり、改めて梨を中心にブドウ、クリを対象にして規模拡大したものの、”悪戦苦闘”の日々が続いた。”夢楽園”づくりの始まりであった。

 当時は、個人では農業の補助金制度も利用できず、石段登り経営が続いた。その中から、生産・直売方式を採用。お客さんの知恵を頂きながら、生産・加工・販売(現在での六次産業化)への活路を見出し、”日給・月給・ボーナス” 経営の取り組みを目標としてきた。 台風により、8~9割の果実落下も幾度か経験した。

 ”うまくないものは売らない”を信念とし、安心安全な果実を提供するため除草剤は使わない。梨は筆で一花一花人工交配をし確実に種を作り、2回袋かけをする。ブドウは舌に残るコク、風味を大切にする為にあえて種ありにこだわってきた。

 時代遅れの生き方かもしれないが、”人間にとって食べ物って何なの”、その疑問への答えを求めて歩いてきた。いつまでもお客様と二人三脚をさせてもらいたい。今日もまた、明日へ続く歩みをしたいものと願う。

 津田農園 園主 津田民幸(つだ たみゆき)  



Tsuda Farm Market

津田農園のオンラインショップはこちらから。

オリジナル商品をご紹介しています。